車を売る際には、車検証、保険証、納税証明書、住民票等、必要な書類があります。

お得な新古車
お得な新古車

車を売る際の必要書類

車を売るにはいくつか手続きが必要です。
ディーラーに下取りとして手放した場合や、中古車買い取り専門業者に売った場合、書類を準備するだけで、手続きは店側が代行して行ってくれます。
しかし、オークションや知人友人に個人的に売った場合、手続きは自分でやる必要があります。
必要な書類は、廃車になっていなければ、自動車検査証(通称車検証)、廃車になっている場合は、一時抹消登録証明書が必要です。
また、かりに車検が切れていたとしても、期限の切れた車検証は必要です。
これは、車が窃盗によって得られたものではないことを証明するために重要です。
二つ目に、自賠責保険納入証明書が必要で、これは、自動車が公道を走る際に強制的に加入しなければならない保険のため、車検証とセットで必要になります。
三つ目に、自動車税納税証明書で、自動車に課せられる税金を納入したことを証明するためのものです。
四つ目に、譲渡証明書が必要で、これは車を譲渡名義変更する際に必要な書類です。
ディーラーや中古車業者に売る際には自分で用意する必要はありませんが、個人で手続きをする際には必要です。
五つ目に車検証に書かれている住所と同一か確認するために、住民票、ローンが残っている場合は所有権解除書類が必要です。
そして、個人ではなく、業者に各種手続きを行ってもらう場合は委任状が必要です。
最後にこれらの書類に押印するための実印及び実印の印鑑証明書が必要となります。

Copyright (C)2017お得な新古車.All rights reserved.